« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月30日 (木)

コソ練in幸田

高速を使わずに行けて土日でも空いてるサーキットでもっと練習したい

ということで会員講習&フリー走行のため幸田サーキットへ行ってきました。

まさしさん&まことさんと一緒に講習を受けました。

特に常識的なことばかりで当たり前ですが問題なく終了。

まことさんは仕事を抜け出して来てるということでここで別れ

僕とまさしさんは午後からのフリー走行を走ることに

講習前から降り始めた雨は路面を完全に濡らしていましたが

食事をして戻って来て14時の走行の頃にはだいぶ路面も乾いていて

ほぼドライ、走るたびに路面コンディションは良くなり何度かスピンをしましたが

なんとか目標だった50秒切りを達成の49.787秒

ここから先は走り込まないと短縮は難しそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月25日 (土)

キレイでしょ。

今日はFSWでオフ会があるのですが仕事です。

更新型の試作鋳造を行ったのですが原因不明のトラブルにより

物がうまくできないので中止、鋳造機から金型を降ろして一からやり直し

しかし、午後から友人の結婚式の2次会があるので現場の方に任せて

帰宅しました。

2次会までには、まだ時間があったので久しぶりにエリーゼを磨いてあげました。

Dscf2353_1

どうです?まさしさん。

ウチのエリーゼもたまにはキレイでしょ?(笑)

それと先日、牽引フックをようやくつけました。

↓こんな感じです。

Dscf2356_1

Dscf2357

ディフューザー並みに低い位置にあるので駐車場の車止めには要注意です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

カウル修復断念?

ACマインズでカウル修復の見積もりをお願いしていたのですが

損傷がひどく通常の板金屋さんでは修復できないということで

FRPを専門にやっているところに修復をお願いしたところ

めちゃめちゃ混んでていつになるか分からないということで

当分は自分への戒めのためにもこのままで行かせていただきます。

まぁ。今年中には修復するつもりです。

その前に修復不可能なほど損傷するかもしれませんが(爆)

ということで、その代わりに秘密兵器を導入しようかと見積もり中

そもそもカウルを割ったのは2回ともフロントのブレーキロックが原因ですので

そこらへんを解決させればカウルを割ることもないでしょう・・・たぶん。

ということで、KaYさんフロントのEBCグリーンもエンドレスに戻しますので

リヤとセットでどうです?(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年3月18日 (土)

牽引フック

Dscf2325

美浜で亀の子になったため、サーキットでもっとも使用頻度が多そうな(苦笑)

牽引フックをリヤにもつけることにしました。

美浜で亀の子になったときにリヤに牽引フックがないためフロントで

強引に引っ張ったこともあり、フロントの牽引フックも曲がってしまったので

両方交換することにしました。

どうせならちゃんと強度のあるものにしたかったのでBSKさんのものにしました。

ただ、リヤの牽引フックの取付け位置と方法がよく分からなかったので電話で伝えると

説明書を作って一緒に送ってくれました。

そして、金額の方も発送が遅くなったということでお安くしていただいきました!

・・・というのが一週間前の話し

まだ装着できてません(^^;

リヤの牽引フックはアンダーカバーを切ったりサブフレームに穴を開けたりしないと

いけないのでなかなかやってる時間がありません。

フロントもこのままつけるとウチのはオイルクーラーに当たってしまうので加工

しないといけません。

いつになったらつくのやら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月12日 (日)

セッティング変更

Dscf2295

今日はモーターランド三河のフリー走行に行こうかと思いましたが、

幸田サーキットの会員費のためにやめておきました。

カミさんは実家に帰っているので思う存分車をいじらせていただきました。

まずは最近、ブレーキングでフロントブレーキが簡単にロックするので

フロントのパッドをエンドレスからEBC(グリーン)へ交換

Rピンを二つ抜いてピンを二本抜きエンドレスのパッドをはずします。

EBCのパッドはほとんど新品なのでかなり厚いです。

通常はピストンを専用ツールを使って戻すのですが

僕の場合は人並み外れた握力ですので手で戻します(爆)

そしてパッドを交換し元通りにすればOK

Dscf2299

Dscf2296

それとついでにフロントに入っていた二枚のシムを全部抜きました。

これで結構キャンバーが付いたのでコーナリングでのフロントグリップは

アップするはずです。後は走ってみてからアライメントを考えます。

あと、左フロントの車高調のリングナットが思いっきり緩んでてスプリングが

遊びまくってたので適正な位置に閉めこみました。

どうやらこれが左フロントの異音の正体のようです。

全作業を終了し、最終チェック。

僕はかなり抜けてるのでボルトの締め忘れなどが多々あるためしっかりチェックします。

そして試走!

なんか乗り心地が良くなりました。

そして、近くの工場団地でブレーキングテストをやってみました。

初期制動は落ちましたがフロントのロックもなく確実に制動距離も短くなり

フロントが沈み込むのではなく車全体が沈み込む感じになりました。

しかし左右のバランスが悪いのか右リアが最初にロックしカウンターを当てないと

まっすぐに止まれません。

まぁ、今までの踏んですぐフロントがロックするというようなことがありませんので

この前の美浜のようなことはないでしょう。

こんなことならもっと早く交換しとけばよかった(涙)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

幸田サーキットトライアル

Dscf2284

Dscf2285

Dscf2287

Dscf2288

今日は幸田サーキットで行われるサーキットトライアル第2戦へ参加の

予定でしたがモタモタしてて申し込みの期日に間に合わなかったので

参戦しているフリーマンさんの走りを観戦してきました。

浜松を6時に出て下道で行ったのですがずっと霧が出ていて

幸田サーキットはさらに霧が濃く路面はウェット、コンディションは最悪

フリーマンさんもアグレッシブに攻めますが色んなとこで滑って

満足な走りができていなかったようですが、トライアル後の練習走行で

うっぷんを晴らすように素晴らしい走りを披露していただきました。

第3戦に僕もエントリーしようと思っていますがあんな走りができるんだろうか。

その後、途中から観戦に来たまさしさんとまことさんと色々お話しをして

まことさんのエク2のトランクにあるお宝の数々をよだれを拭いながら

見せていただきました。カーボンクラッチ&LSD、強化トーリンクなどなど

まさにお宝の山でした!

そして、スパ西浦が延期ということで3人ともここの会員になろうかという話しになり

マフラーの音量チェーック!

まことさんのエク2、幸田どころか車検に通らないような音量(爆)

僕のエリ1、僕のもオーバー(^^;でもまぁ。走ってるときはフリーマンさんの111R

よりも静かなので問題ないでしょう。

Dscf2291

その後はみんなでACへ押しかけました、そこには白の240CUP、黒の190CUP

がありました。ACさん儲かってますねぇ(笑)

今日は走れなかったけどまことさんともお知り合いになれたし

充実した一日を過ごせました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月 7日 (火)

思ってたよりはいいかな

Photo_1

2_1

3

ジュネーブモーターショウに出品されたヨーロッパS、今まで写真で見たものよりも数段良く見えますね。でも名前負けしてるよな~  エクラとかエクセルあたりにしとけば良かったのに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 4日 (土)

聖地鈴鹿!!

Dscf2240_3

2/25朝6時半、
浜名湖SAにaquaさん(エクシージ1)、あどさん(エリーゼ2STD)、フリーマンさん(エリーゼ111R)、てらかずさん(ポルシェ911RUF)集合し鈴鹿へ向かいます。途中、刈谷ハイウェイオアシスで応援組の葛城さん(スピードスター)、御在所で縄文人Mさん(エリーゼ111R)と合流し鈴鹿に到着しました。 

 

                                   

そそくさと準備を済ませ自分たちの前の走行会を見学
その後ブリーフィングを受けいよいよ走行開始です。

Dscf2249_1

1ヒート目は最初の2周はペースカーが先導します。ゆっくり走りつつもライン取りを考えながら走行しピットに戻りいよいよ走行開始です。1周目はフロントのゼッケンが剥がれそうになっているのが気になりまともに走れずピットに戻ってゼッケンを貼り直してピットアウト、せっかく貼り直したのに結局130Rで飛んでいきました(笑)とにかく1ヒート目はコースを覚えることに集中し半分を過ぎたあたりから少しずつペースを上げていきます。そんな中いつも通りにダンロップへ進入すると急にリヤが流れてスピン!あどさんによるとオイルがあったらしい。その後スプーンの立ち上がりでがんばりすぎてスピンしましたがコース内で回ってるので問題なし、結果は2'46秒でした。思ったよりはいいタイムでしたがまだまだいけそうです。

Dscf2261_2

休憩を1時間挟んで2ヒート目、1ヒート目でアクセルを抜いていたところもしっかりアクセルを踏んでいきます。ホームストレートから100メートル看板あたりでブレーキングを開始し4速へ1コーナーに入りアウト側の縁石によってからブレーキングして3速、2コーナーからS字そして逆バンクはアクセルコントロールしながらあまり無理はせず、ダンロップからデグナー進入まではアクセル全開で3速から4速へシフトアップ、デグナー1個目で3速へダウン、2個目も
無難に周ってヘアピンまで加速しブレーキングで2速へダウン、ヘアピンを立ち上がってスプーンまで全開、ブレーキングし3速へスプーン1個目は突込み気味で2個目は立ち上がり重視!そして130Rへ100メートル看板あたりでブレーキング、大体160キロくらいで130Rを周りシケインで4速から2速までダウンし最終コーナーを周ってストレートへこんな感じで走って残り5分くらいの時に130Rで170キロでスピンしたとこでピットインして走行終了
ベストタイムは2'43秒でした。
なんとか目標だった43秒台を出せましたがまだまだ詰めるとこがいっぱいあるので
次回走る機会があれば40秒切りを目指したいですね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »